[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
入国/査証
■ケベック州の許可 - CAQ

ケベック州に就学や就労を目的として一時滞在する場合、CAQ(Certificat d'acceptation du Québec)と呼ばれるケベック州政府のイミグレーションの許可が必要になる場合があります。下記のそれぞれの項目をご参照下さい。


ケベック州における就学とCAQ
  1. 6ヶ月以内の就学
    就学期間が6ヶ月以下の場合は、履修コースや教育機関のタイプに関係なく就学許可証が免除されます。就学許可証を取得しない場合は、CAQも不要です。

  2. 6ヶ月を超える就学
    履修コースや教育機関のタイプに関係なく就学許可証が必要です。従って、まずCAQを申請し、CAQが下り次第、就学許可証の申請をしてください。民間の語学学校で英語やフランス語を勉強する場合も同じです。

  3. 就学期間が6ヶ月以内でも、就学許可証が必要な場合は、CAQが必要になります。6ヶ月以内でも就学許可証が必要な場合についてはこちらをご覧ください。

  4. 学齢期のお子さんが同行(もしくは後で合流)する場合
    就学許可証または就労許可証を取得した親に同伴(もしくは後で合流)するお子さんで、ケベック州の学校に6ヶ月を超えて通う場合は、就学許可証の申請が必要です。このような場合は、まずCAQを取得し、その後、就学許可証を申請してください。ケベックのイミグレーションでCAQを申請する時も、東京で就学許可証を申請する時も、学校の入学許可書の提出は不要です。

    * 詳しくはケベック州のホームページをご覧ください。

● CAQの申請先と申請書
詳しくはケベック州のホームページをご覧ください。

● CAQが発給されたら
CAQが下りると、CAQがケベック州の事務所から東京のカナダ大使館・査証部にファックスで送信され、申請者には大使館にCAQを送信した旨、通知されます。通知を受けたら自分で申請書を入手し、CAQ発給通知のコピーを添えて就学許可証の申請をしてください。

尚、就学許可証の全体的なご案内については「就学許可証について」をご覧下さい。



ケベック州における就労とCAQ

ケベック州で就労する場合、本国で雇用の確認が必要な場合は、ケベック州の雇用主がCAQを取得します。また雇用の確認書取得が免除されるカテゴリ―の場合は、CAQの取得も免除されます。従っていずれの場合も申請者本人がCAQ取得について心配する必要はありません。

ケベック州における就労に関する情報は、ケベック州政府のホームページの就労をご参照下さい。


2009-12-09 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]