Culture Canada2007.10
line
PA

読者の皆様へ FrancaisEnglish
イベントカレンダー カナダと日本
今月お届けするのは
  • 「2007年のグレン・グールド−没後25年を迎えて」
  • キャロル・ウェルスマン・コンサート
  • db クリフォード ファースト・ライヴ・イン・ジャパン
  • ダレン・シゲスムンド・クィンテット・コンサート
  • 第20回東京国際映画祭にカナダ作品が多様に参加
  • バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル・
    イン・ジャパン 2007
  • カナダ博士研究員助成金(PDRF)プログラムの開始

イベント/Event/Les événements

グレン・グールド・イヤー記念企画
E・H・ノーマン図書館 スピーカー・シリーズ
「2007年のグレン・グールド−没後25年を迎えて」


■ 10月11日(木)
  カナダ大使館 オスカー・ピーターソンシアター

2007年はカナダ人天才ピアニスト、グレン・グールド(1932〜1982)の生誕75年、没後25年にあたります。この偉大な芸術家を記念し、9月から約1年間、カナダをはじめ世界中で各種のイベントが行われます。

カナダ大使館は、日本におけるグールド研究の第一人者であり、カナダで行われるグレン・グールド財団主催のコンフェランスにもゲストスピーカーとして参加される、宮澤淳一氏をお招きし、「2007年のグレン・グールド」と題してお話しいただきます。また講演にあわせ、ドキュメンタリー「Glenn Gould Off the Record」「Glenn Gould On the Record」(NFB/カナダ国立映画制作庁、1959年)および、本邦初公開となる「Glenn Gould's Toronto」(1979年)の上映も行います。なお、ドキュメンタリーは英語版です。詳細、お申し込みはこちらをご覧下さい。

さらに11月29日(木)午後7時より、「平野啓一郎、グールドの魅力を語る」を当館シアターで行います。詳細は次号でお知らせいたします。

グールド・イヤー関連企画一覧


音楽/Music/La Musique

キャロル・ウェルスマン・コンサート

■ 10月19日(金)〜 22日(月)
  ブルーノート東京

トロント生まれのキャロル・ウェルスマンは、幼い頃から音楽的に恵まれた環境で育ち、名門バークレー音楽院でピアノを専攻しました。1990年からカナダでプロとしての活動を開始し、2002年にはカナダのナショナル・ジャズ・アワードでヴォーカリスト・オブ・ジ・イヤーを受賞。2004年に初来日、その華麗なステージで大きな喝采を浴びました。

ジャズをベースとしたR&B/ラテンが薫る洗練のサウンドと爽やかな歌声に酔いしれる夕べを!




db クリフォード ファースト・ライヴ・イン・ジャパン

■ 10月3日(水)
  UNIT

9月26日にデビュー盤「Recyclable」をリリースする予定の27歳。「単純なこと」や「人種平等」という深いテーマから「初恋」というパーソナルな感情やプライベートな経験からなる様々な強いメッセージが込められた歌詞が彼の切ない声にのって心に響きます。

いつまでも何度聞いても色褪せないサウンドとメロディは時代を超える― ボーカル・作曲から、全パートの演奏・アレンジ・プロデュースまで一人でこなす注目の才人、db クリフォードが遂に日本デビュー!




ダレン・シゲスムンド・クィンテット・コンサート

■ 10月13日(土)
  B-flat

刺激的なカナダのミュージック・シーンの一翼を担うダレン・シゲスムンド・クィンテットは全曲オリジナル作品の「Strands」を発表。この新作CDのプロモーションのために、2週間にわたる世界ツアーの一環として再来日、スペシャル・ゲストにヴォーカリスト、高橋リエさんを迎えてB-flatで公演します。


映画/Film/Les films

第20回東京国際映画祭にカナダ作品が多様に参加

■ 10月20日(土)〜 28日(日)
  TOHOシネマズ六本木ヒルズ、
  Bunkamuraル・シネマ、東京ウィメンズプラザ
10月/October/Octobre
〜10月14日
シルク・ドゥ・ソレイユ 「ダイハツ ドラリオン」
■ 大阪南港・新ビッグトップ


〜11月2日
ベンジャミン・リー写真展「エレガント・ヒューマニティー」
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


〜11月24日
バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル・イン・ジャパン 2007
■ ゲートシティ大崎・東京
■ まつもと市民芸術館
■ テレピアホール・名古屋
■ 松下IMPホール・大阪
■ ちえりあホール・札幌


2日〜7日
シャッフル・デーモンズ・ツアー
■ 2日:横浜ストーミー・マンデイ
■ 3日:那須塩原タイムズカフェ
■ 5日:江古田BUDDY
■ 7日:横浜赤レンガ倉庫1号館ホール「YOKOHAMA JAZZ PROMENADE」


3日
db クリフォード
ファースト・ライヴ・イン・ジャパン

UNIT


3日
マット・ダスクCD「バック・イン・タウン」リリース


4日〜11日
山形国際ドキュメンタリー映画祭「リック・ソルトー僕とばあちゃん」(E)コンペ部門に参加
■ 山形市中央公民館など


5日
SOSO CD「TINFOIL ON THE WINDOWS」リリース


11日
E・H・ノーマン図書館 スピーカー・シリーズ「2007年のグレン・グールド−没後25年を迎えて」
カナダ大使館オスカー・ピーターソンシアター、東京


13日
ダレン・シゲスムンド・クィンテット・コンサート
■ B-flat、東京


19日〜22日
キャロル・ウェルスマン・コンサート
ブルーノート東京


20日〜28日
第20回東京国際映画祭
■ 22日:東京国際女性映画祭にディーパ・メータ監督「ウォーター」(E)参加
東京ウィメンズプラザ
■ コンペ部門にカリ・スコグランド監督「ストーン・エンジェル」参加
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■ 25日:「文化庁映画週間」「世界映画人シンポジウム:欧州・カナダにみるインディペンダント・アニメーター支援」にカナダ国立映画制作庁からプロデューサー参加
■ 26日:CJax 日加ショートアニメーション・エクスチェンジ上映
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■ アンドリュー・カリー監督「ゾンビーノ」特別招待上映
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■ 28日:フランソワ・ジラール監督「シルク」クロージング上映
Bunkamura ル・シネマ


20日〜21日、27日〜28日
カナダ教育連盟主催 カナダ留学フェア
■ 20日:名古屋国際センター1階 別棟ホール
■ 21日:大阪国際交流センター3階
■ 27日:かでる2・7(北海道立道民活動センター)
■ 28日:東京国際フォーラムB5ホール


21日
デザイン都市フォーラム in Nagoya
■ 国際デザインセンター


27日
カナダプロジェクト島と島と本土のつながり
■ 鹿児島国際大学地域総合研究所図書館4階視聴覚ホール


27日〜
アンドリュー・カリー監督「ゾンビーノ」公開
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、順次全国各都市で


27日〜
ドキュメンタリー「グレン・グールド 27歳の記憶」デジタル上映
■ 銀座テアトルシネマ


30日〜12月24日
私の赤毛のアン展 - 村岡花子の生涯と吉村和敏の写真でみる赤毛のアンの島
阿蘇白水郷美術館


31日〜2008年1月6日
シルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ ドラリオン」
■ 名古屋新ビッグトップ
★ 28日のクロージングは「シルク」
「レッド・バイオリン」のフランソワ・ジラール監督の新作(加日伊合作)はアレッサンドロ・バリッコによる小説の映画化で、マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀などが演技を競います。新春劇場公開予定。

★ コンペ部門に「ストーン・エンジェル」
カナダの重鎮作家、マーガレット・ローレンスの小説(「カナダの文学シリーズ2:石の天使」彩流社刊)の待望の映画化。カリ・スコグランド監督はハリウッドのリポータたちから注目すべき映画作家10人に選ばれた女性監督。90歳を越え、人生の終幕に近づいた自立心の強い女性の姿を見事に描きます。

「ゾンビーノ」特別招待上映
アンドリュー・カリー監督の「ゾンビーノ」は、美しい小さな町の住民たちがゾンビを家庭の雑用係に飼うストーリー。小さな出来事から発展する恐ろしい展開をユーモラスな味付けで。「マトリックス」のキャリー=アン・モスがおしゃれでコミカルな主婦を演じます。

★ 22日に提携企画「第20回東京国際女性映画祭」で「ウォーター」上映
インド系カナダ人の女性映画作家、ディーパ・メータ監督の 代表作。今年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど各国で高く評価されている話題作です。1930〜40年代インドの古い因習の中に生きる女性たちに焦点が当てられます。

★ 25日「文化庁映画週間」の企画「世界映画人シンポジウム:欧州・カナダにみるインディペンダント・アニメーター支援」
カナダ国立映画制作庁からアニメーションのプロデューサーが参加し、フランス、ドイツ、日本の専門家と話し合います。

★ 26日「CJax - 日加ショートアニメーション・エクスチェンジ」上映会
カナダ国立映画制作庁(NFB/ONF)と民間財団Bravo!FACTの支援により制作されたカナダの短編アニメーションと、日本の新進作家の作品の数々を一緒に紹介します。来年はカナダで上映予定。




バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル・イン・ジャパン 2007

■ 9月29日(土)〜 11月24日(土)
  東京、松本、名古屋、大阪、札幌

毎秋、ロッキー山脈の中の美しい街アルバータ州バンフで開催される、「バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル」。30年以上続く、山岳カルチャー、自然、アウトドアスポーツをテーマにした世界最大の映画祭には、毎年各国から感動と迫力を伝えるさまざまなドキュメンタリー作品が集まります。その中から厳選された作品を日本で紹介するフェスティバルは今年で3回目、5都市での上映です。詳細は公式サイトをご覧下さい。


ニュース/News/Les nouvelles

カナダ博士研究員助成金(PDRF)プログラムの開始

カナダ国際教育局(CBIE) は、カナダ政府と在日カナダ大使館の協力により、本年度からカナダ博士研究員助成金 (Canadian Post-Doctoral Research Fellowships) を日本の研究者へ給付します。

PDRFは、人文科学、社会科学、自然科学、工学分野で博士課程を修了したばかりの前途有望な研究者に、カナダの認定公立大学や付属研究所で研究する機会を提供するものです。カナダで研究することに関心のある博士課程修了者に1年間、研究の助成を行うことを目的とし、研究者自身のキャリアを大きく発展させ、カナダおよび/または研究者チームにとって有益となる研究を条件とします。




■ 配信申し込み・配信停止・登録内容変更は、こちら にてお願い致します。
■ 本ニュースレターに掲載された記事、画像、ロゴ、及びその他のコンテンツを許可なく複製、転載する事を禁じます。
■ プライバシー・ポリシーについて
■ Hotmail、MSN.comのアドレスでカナダ大使館広報部E-ニュースレターに登録なさっている方へ:
登録後、まだカナダ大使館のE-ニュースレターを受信したことのない方は、Hotmail、MNS.comの迷惑メールフィルターによって、受信が拒否されていると思われます。オプション設定画面のメーリングリストまたは、セーフリストにcanadaintl@mbs.sphere.ne.jpのアドレスを追加していただきますようお願い申し上げます。
発行:
カナダ大使館広報部
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail:canadaintl@mbs.sphere.ne.jp
Published by/Publie par:
Public Affairs Section, Embassy of Canada
Section des affaires publiques, Ambassade du Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail/Courriel :canadaintl@mbs.sphere.ne.jp

line
FIP