Culture Canada2007.12&2008.1
line
PA

読者の皆様へ FrancaisEnglish
イベントカレンダー カナダと日本
今月お届けするのは
  • スペシャル・クリスマス・ナイツ・ウィズ・
    エミリー・クレア・バーロウ
  • マット・ダスク・コンサート
  • フランソワ・ジラール監督の「シルク」
  • Shinobu Akimoto: Better Living and Other Projects
  • 関西学院大学 カナダ研究講演会
    「日加関係の過去、現在、未来」
  • 2007 はこだてクリスマスファンタジー

音楽/Music/La Musique

スペシャル・クリスマス・ナイツ・ウィズ・
エミリー・クレア・バーロウ


■ 12月22日(土)〜 25日(火)
  コットンクラブ、東京

トロントを中心に活躍、クリスマス・アルバム「ウィンター・ワンダーランド」も発売となった本格派女性ヴォーカリスト、エミリー・クレア・バーロウの初来日公演が決定!聴き手を包み込むような優しさあふれる歌声で聖夜をエレガントに彩ります。今年のクリスマスはカナディアン・スタイルのジャズで!




マット・ダスク・コンサート

■ 12月22日(土)、23日(日)
  モーション・ブルー・ヨコハマ
■ 12月26日(水)〜 31日(月)
  ブルーノート東京

カナダ大使館のオスカー・ピーターソン・シアターでのショーケースで粋な歌声を披露し、日本デビュー・アルバム「バック・イン・タウン」のタイトル曲が全国FM・OAチャート1位に輝いたマット・ダスクが、ホリディ・シーズンにビッグ・バンドと共に日本に帰って来ます。スペシャル・ゲスト、サラ・ガザレクと贈る豪華カウント・ダウンで2007年を締めくくってみては如何?


映画/Film/Les films

フランソワ・ジラール監督の「シルク」ロードショー

■ 1月19日(土)から
  日劇3ほか順次全国で公開

「レッド・バイオリン」のフランソワ・ジラール監督による新作(加日伊合作)は、アレッサンドロ・バリッコ(「海の上のピアニスト」)の小説「絹/SETA」の映画化。19世紀半ば、フランスの若者エルヴェは蚕の卵を仕入れる任務をおびて遥かな日本にやってきます。帰りを待つ新婚の妻の気持を受け止めながらも、絹糸のように瑞々しく神秘的な東洋の娘に惹かれていきます。鮮やかな映像と坂本龍一の豊かな音楽と共に、西洋と東洋の出会い、人のめぐり合いが詩的に流麗に描かれます。マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀など出演。


視覚芸術/Visual Arts/Les arts visuels

Shinobu Akimoto:
Better Living and Other Projects


■ 1月18日(金)〜 3月20日(木)
  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

1990年代初頭からカナダをベースに活動してきたアーティスト、秋元しのぶは、そのウィットに富んだコンセプチュアルな作品を通して美術制作というのはただ単に生きていく過程における経験のひとつにすぎないのか、それとも特殊な人間の活動なのかを問うてきました。 今回の展覧会は彼女のこれまでの活動を総括するもので日本では初の個展となります。その中心をなすインスタレーション作品、「Better Living」( 2004〜2005)は、ミニチュアのガーデンセンター、瀬戸物屋、そして家具屋で、ニワトリ、ネコ、ウサギが「ショッピング」しているところを撮影した写真をメインに構成されています。彼女の美術制作活動に反映されるコンセプチュアルなアプローチは、カナダ現代アートの特色でありそのアートシーンの牽引力となっています。


12月/December/Décembre
上映中
アンドリュー・カリー監督「ゾンビーノ」
■ 全国各地で公開


〜12月24日
私の赤毛のアン展 - 村岡花子の生涯と吉村和敏の写真でみる赤毛のアンの島
阿蘇白水郷美術館、熊本


〜1月4日
ガストン・プティ展「末広2007」
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


〜1月6日
シルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ ドラリオン」
■ 名古屋・新ビッグトップ
〜2008年9月
グレン・グールド・イヤー
1日〜25日
2007 はこだてクリスマスファンタジー
■ 函館市末広町金森倉庫群前海上


7日
2007年度カナダ研究講演セミナー
ジョゼフ・キャロン駐日大使による講演
「日加関係の過去、現在、未来」

■ 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 関西学院会館2階レセプションホール、兵庫


8日、9日
2007年度カナダ研究セミナー
「ケベックと日本」
■ 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、兵庫


10日、12日
コルネイユ・ジャパン・ツアー2007
■ 10日:心斎橋クラブクアトロ、大阪
■ 12日:恵比寿ガーデンホール、東京


11日〜17日
トレッド来日公演
■ 長崎アルカスSASEBO
■ 京都磔磔
■ よこすか芸術劇場
■ すみだトリフォニーホール
■ 代官山晴れたら空に豆まいて


18日
カナダの子供向けの図書を読む会
“カナディアン・クリスマス”
カナダ大使館 E・H・ノーマン図書館、東京


22日、23日
マット・ダスク&ヒズ・バンド
■ モーション・ブルー・ヨコハマ


22日〜25日
スペシャル・クリスマス・ナイツ・ウィズ・エミリー・クレア・バーロウ
■ コットンクラブ、東京


26日〜31日
―グランド・フィナーレ2007―マット・ダスク・ビッグ・バンド
■ ブルーノート東京


1月/January/Janvier
11日〜2月25日
ジョージアン大学・女子美術大学
交換版画展

■ 女子美アートミュージアム、相模原


18日〜3月20日
Shinobu Akimoto:Better Living and Other Projects
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


19日〜
フランソワ・ジラール監督「シルク」公開
■ 日劇3ほか順次全国で公開


20日、21日、23日
ルーファス・ウェインライト・ツアー
■ 20日:クラブダイアモンドホール、名古屋
■ 21日:なんばHatch、大阪
■ 23日:東京国際フォーラム ホールC


21日
ナタリー・ショケット東京公演
東京オペラシティコンサートホール


25日〜4月6日
シルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ ドラリオン」
■ 原宿・新ビッグトップ、東京
イベント/Event/Les événements

2007年度カナダ研究講演セミナー
ジョゼフ・キャロン駐日大使による講演 「日加関係の過去、現在、未来」


■ 12月7日(金)
   関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス

教育と外交の共通性、外交官がまさに成し遂げたいと思うこと、そしてカナダと日本の相互関係は?

キャロン駐日カナダ大使はこれらのテーマについて関西学院会館2階レセプションホール(西宮上ヶ原キャンパス)にて講演を行います。これに引き続き、12月8日、9日には、カナダ研究セミナーが開催されます。日加の相互協力で何が有益なのか、そしてどの部分に携わることができるのかをこの機会に学んでみませんか?




2007 はこだてクリスマスファンタジー

■ 12月1日(土)〜 25日(火)
  函館市末広町金森倉庫群前海上

ノバスコシア州ハリファクス市から約18,000kmの距離を越えてやってくる「巨大もみの木」は、世界一素敵なクリスマスプレゼントです。今年は、函館とハリファックスの姉妹都市提携25周年と、クリスマスファンタジーの10周年にあたり、ますます美しくライトアップされたツリーを中心に、展覧会、コンサート、期間中毎日18時からの花火など、さまざまなイベントが25日間繰り広げられます。






■ 配信申し込み・配信停止・登録内容変更は、こちら にてお願い致します。
■ 本ニュースレターに掲載された記事、画像、ロゴ、及びその他のコンテンツを許可なく複製、転載する事を禁じます。
■ プライバシー・ポリシーについて
■ Hotmail、MSN.comのアドレスでカナダ大使館広報部E-ニュースレターに登録なさっている方へ:
登録後、まだカナダ大使館のE-ニュースレターを受信したことのない方は、Hotmail、MNS.comの迷惑メールフィルターによって、受信が拒否されていると思われます。オプション設定画面のメーリングリストまたは、セーフリストにcanadaintl@mbs.sphere.ne.jpのアドレスを追加していただきますようお願い申し上げます。
発行:
カナダ大使館広報部
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail:canadaintl@mbs.sphere.ne.jp
Published by/Publie par:
Public Affairs Section, Embassy of Canada
Section des affaires publiques, Ambassade du Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail/Courriel :canadaintl@mbs.sphere.ne.jp

line
FIP