Culture Canada2008.4
line
PA

読者の皆様へ FrancaisEnglish
イベントカレンダー カナダと日本
今月お届けするのは
  • ホリー・コール・コンサート
  • モントリオール交響楽団ツアー
  • 太平洋にかかる橋:カナダ・日本美術交流展
  • 「赤毛のアン」出版100周年


音楽/Music/La Musique

ホリー・コール・コンサート

■ 4月14日(月)〜 20日(日)
  ブルーノート東京

ホリー・コールは、母国カナダのトロントを拠点に活動を始め、1987年に「ホリー・コール・トリオ」を発足させました。映画「バグダッド・カフェ」の主題曲、1991年発表の「コーリング・ユー」(EMIミュージック・ジャパン)が空前のヒットを記録。翌年の日本ゴールドディスク大賞では洋楽新人賞、ジャズ・アルバム賞の2部門を同時受賞。近作「シャレード」(同)では改めてスタンダード・ナンバーに取り組み、一層スタイリッシュでしなやかな世界を披露しています。新境地を開き続ける彼女が、気心の知れたメンバーと共に繰り広げる充実のステージ。心あたたまる極上のひとときを堪能して下さい。




モントリオール交響楽団ツアー

■ 4月10日(木)〜 16日(水)
  東京、大阪、名古屋、静岡

モントリオール交響楽団は、カナダ全土にオーケストラ音楽を普及させる活動のほか、海外ツアーや録音を通して、文化・芸術交流を促進する音楽大使としての役割を果たしています。また、ハリウッド・ボウルやラヴィニア、タングルウッドなどの音楽祭にも招かれ、1982年からはほぼ毎年カーネギー・ホールに登場しています。色彩豊かな音を奏でるこのオーケストラが、2006年に同交響楽団の音楽監督に就任したケント・ナガノの指揮の下、どのような演奏を聴かせてくれるのか、皆様ご期待下さい。


視覚芸術/Visual Arts/Les arts visuels

「太平洋にかかる橋:カナダ・日本美術交流展」

■ 4月2日(水)〜 5月15日(木)
  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

本展は、カナダ人4人、日本人2人によるグループ展です。彼らはアート・ギャラリー・オブ・グレーター・ビクトリアが毎年開催する「モス・ストリート・ペイント・イン」で知り合い交流を続けてきました。カナダからは、ジョンとルークのマーストン兄弟がコースト・セイリッシュ族の伝統を受け継ぎ、なおかつ独自性のある木彫作品を、ロバート・エーモスとジミー・ライトが、それぞれ、ヴィクトリア市の街角、動物をテーマにした絵画を展示します。日本からは杉本洋の日本画、伊藤光治郎の彫刻が展示されます。主題、スタイル、媒体が異なる作品が一堂に会するこの展覧会をどうぞお楽しみ下さい。尚、マーストン兄弟の講演会「コースト・セイリッシュのアート:その起源と未来」がE・Hノーマン図書館スピーカー・シリーズの一環として4月9日(水)に開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。


イベント/Event/Les événements

L・M・モンゴメリが世界に送り出した永遠の物語
「赤毛のアン」出版100周年


カナダ東海岸に位置するプリンス・エドワード島の美しい自然を舞台に、ルーシー・モード・モンゴメリが描いた想像力豊かな女の子の物語、緑の切り妻屋根の家のアン。小説が初めて出版されたのは、1908年6月でした。今年はそれから100年。今も世界中で読み継がれています。日本に紹介されたのは村岡花子さんの名訳が出版された1952年、村岡さんに原書を贈ったのは1939年、カナダ人宣教師のL・L・ショーさんでした。
4月/April/Avril
上映中
「レンブラントの夜警」 ロードショー
■ 全国各地で公開


上映中
クロード・ガニオン監督 「KAMATAKI 窯焚き」
■ 全国各地で公開


〜6日
シルク・ドゥ・ソレイユ 「ダイハツ ドラリオン」
■ 原宿・新ビッグトップ、東京
〜6月11日
劇団四季ミュージカル 「赤毛のアン」
■ 自由劇場、東京
〜2008年9月
グレン・グールド・イヤー
〜2008年12月
「赤毛のアン」出版100周年


2日〜5月15日
「太平洋にかかる橋:カナダ・日本美術交流展」
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


3日〜6日
「藪の中〜Distruthted〜」 カナダ人が参加するアユリテアトルによる公演
■ シアタートラム、東京


5日、11日、13日
Monkey Majik Tour ’08
■ 5日:Zepp Nagoya
■ 11日:Zepp Sendai
■ 13日:Zepp Tokyo


9日
E・H・ノーマン図書館 スピーカー・シリーズ
「コースト・セイリッシュのアート:その起源と未来」
カナダ大使館オスカー・ピーターソンシアター、東京


9日〜13日
「The Dishwashers 皿洗い稼業」
(作:モーリス・パニッチ)
■ 森下ベニサンピット、東京


10日〜16日
モントリオール交響楽団ツアー
■ 10日:武蔵野市民文化会館、東京
■ 11日:フェスティバルホール、大阪
■ 12日:愛知県芸術劇場コンサートホール
■ 14日:サントリーホール、東京
■ 15日:グランシップ、静岡
■ 16日:東京オペラシティコンサートホール


14日〜20日
ホリー・コール・コンサート
■ ブルーノート東京


18日、20日
アンジェラ・ヒューイット・ピアノコンサート
■ 東京オペラシティコンサートホール


20日
留学ジャーナル主催
ワールド留学フェアSpring
■ 岡山 西日本イーオン研修センター


21日〜29日
SUM41 ジャパン・ツアー2008
■ 21日:Zepp Nagoya
■ 22日:Zepp Fukuoka
■ 23日、24日:Zepp Osaka
■ 26日:Zepp Sendai
■ 29日:国立代々木競技場第一体育館、東京


22日
カナダの子供向け図書を読む会
“カナダの偉人たち”
カナダ大使館 E・H・ノーマン図書館、東京


25日
E・H・ノーマン図書館 スピーカー・シリーズ
「赤毛のアン出版100周年記念:アンの世界」
カナダ大使館オスカー・ピーターソンシアター、東京
出版100周年を記念し、カナダはもとより、日本でもさまざまな催しや事業が実施、企画されています。例えば、村岡訳を一部改定した新装版新潮文庫刊行と 読者感想文コンテスト、 ミュージカル公演、映画3部作のDVDリニューアル・リリース、 NHK教育テレビ・3ヶ月トピック英会話「赤毛のアンへの旅 - 原書で親しむアンの世界」、デパートでの「赤毛のアン展」、 TVアニメーション・シリーズのDVDボックス発売などなど多様です。さらに、切り妻屋根の家に来る以前のアンを描いたバッジ・ウイルソン著「Before Green Gables」も6月ころ邦訳出版される予定です。

4月25日(金)午後6時半より、カナダ大使館E・H・ノーマン図書館スピーカー・シリーズ「赤毛のアン出版100周年記念:アンの世界」と題し、アンに関するトークや朗読を行います。読者25組50名をご招待致します。こちらからお申し込み下さい。

“Anne of Green Gables” and other indicia of Anne are trademarks and Canadian official marks of the Anne of Green Gables Licensing Authority Inc. and are used under license by the Celebrate Anne of Green Gables 2008 Committee.





■ 配信申し込み・配信停止・登録内容変更は、こちら にてお願い致します。
■ 本ニュースレターに掲載された記事、画像、ロゴ、及びその他のコンテンツを許可なく複製、転載する事を禁じます。
■ プライバシー・ポリシーについて
■ Hotmail、MSN.comのアドレスでカナダ大使館広報部E-ニュースレターに登録なさっている方へ:
登録後、まだカナダ大使館のE-ニュースレターを受信したことのない方は、Hotmail、MNS.comの迷惑メールフィルターによって、受信が拒否されていると思われます。オプション設定画面のメーリングリストまたは、セーフリストにcanadaintl@mbs.sphere.ne.jpのアドレスを追加していただきますようお願い申し上げます。
発行:
カナダ大使館広報部
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail:canadaintl@mbs.sphere.ne.jp
Published by/Publie par:
Public Affairs Section, Embassy of Canada
Section des affaires publiques, Ambassade du Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail/Courriel :canadaintl@mbs.sphere.ne.jp

line
FIP