Culture Canada2008.11
line
PA

読者の皆様へ FrancaisEnglish
イベントカレンダー カナダと日本
今月お届けするのは
  • カナディアン・ブラスト 2008
  • ディオンヌ・テイラー、日本特別編集盤
    「I Love Being Here With You」リリース
  • 「ノーマン・マクラレン作品集」上映
  • 「住まいと暮らしに斬新なデザインを」展
  • カナダ人2名が第24回京都賞受賞

音楽/Music/La Musique

カナディアン・ブラスト 2008

■ 11月12日(水)
  東京 duo music exchange

ここ数年メジャー、インディ問わず最先端のアーティストを輩出し、世界のミュージック・シーンから注目を浴びている国、カナダからブレイクを予感させる4組のアクトが来日します。サマー・ソニックでも観客を魅了した Bedouin Soundclash、2007年度、ジュノー賞新人賞にノミネートされた Patrick Watson、バーリングトン出身の人気バンド、Saint Alvia Cartel、最近中国で公演した Woodhands。彼らのライブをお楽しみ下さい。




ディオンヌ・テイラー、日本特別編集盤
「I Love Being Here With You」リリース


■ 11月19日(水)

2003年、通っていたカレッジの音楽祭でジャズ・ヴォーカリストとして賞を受け、また、ワシントンD.C.にあるケネディ・センターでコンサートを行いました。2004年6月デビューアルバム「Open Your Eyes」を発表し、カナダの音楽賞Junoにノミネートされ、翌年には、モントリオール・ジャズ・フェスティバルに参加。2006年、彼女のバックグラウンドであるゴスペルやR&Bをベースにセカンド・アルバム「I Love Being Here With You」を発表。

2008年4月、日本のカナダ大使館主催のオスカー・ピーターソン・トリビュート・コンサートに参加。同じカナダ出身のホリー・コールや小曽根真、上原ひろみらと共演。オスカーの名曲「Hymn to Freedom(自由への賛歌)」を披露。

2008年11月19日、DIMENSIONの増崎孝司、小野塚晃らが参加した日本でのレコーディング2曲を加えた「I Love Being Here With You」の日本特別編集盤がリリースされます。


映画/Film/Les films

伝説のアニメーション革新アーティスト
「ノーマン・マクラレン作品集」上映


■ 10月25日(土)からレイトショー
  シアター・イメージフォーラム、東京

1939年創設のカナダ国立映画制作庁(NFB/ONF)が3年後に設立したアニメーション部門への参加以来、比類ない才能を制作に発揮し、育成にも力を尽くしたノーマン・マクラレン。その実験的な革新性と芸術性はアニメーションの新しい道を切り開き、カナダはもとより、日本や全世界の関係者に強い影響を及ぼしました。

2006年国立映画制作庁はアニメーション部門設立65周年を記念して、マクラレンの全58作品をDVD化した「コンプリート・セット」を発売。カンヌ映画祭を皮切りに世界各国でマクラレン回顧上映が組まれました。日本でも待望の一般公開です。

初日10月25日にはNFB/ONFチェアパーソンの挨拶と山村浩二氏のトーク、10月29日の西嶋憲生氏と11月8日エキソニモの上映前トークも予定されています。


11月/November/Novembre
上映中
サラ・ポーリー監督
「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」ロードショー


上映中
デヴィッド・クローネンバーグ監督
「イースタン・プロミス」ロードショー


上映中
ジェニファー・バイチウォル監督
ドキュメンタリー「いま ここにある風景」
■ 全国順次公開


上映中
ノーマン・マクラレン作品集:カンヌ国際映画祭セレクション(レイトショー)
■ イメージ・フォーラム、東京


〜24日
バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル・イン・ジャパン 2008
■ 3日:せんだいメディアテーク
■ 8日:松下 IMP ホール、大阪
■ 15日:テレピアホール、名古屋
■ 24日:NTT 夢天神ホール、福岡


〜30日
横浜トリエンナーレ2008
■ 新港ピア、赤レンガ倉庫1号館、他


〜12月30日
「住まいと暮らしに斬新なデザインを」展
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


〜2008年12月
「赤毛のアン」出版100周年


〜2008年12月
生命のコンサート 音楽劇「赤毛のアン」


〜2009年6月
出版100周年記念「赤毛のアン展:
モンゴメリが愛したプリンス・エドワ−ド島」

■ 2009年1月2日〜12日:三越、福岡
■ 2009年3月6日〜11日:藤崎、仙台
■ 順次他都市巡回開催


1日、2日
エミリー・クレア・バーロウがギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル 2008 に出演


2日、3日
カナダ教育連盟 カナダ留学フェア
■ 2日:読売新聞東京本社9階
■ 3日:大阪国際交流センター


8日
日本学生支援機構(JASSO)
2008年海外留学フェア

■ 東京国際交流館 平成プラザ


12日
カナディアン・ブラスト 2008
■ 東京 duo music exchange


19日
ディオンヌ・テイラー、日本特別編集盤
「I Love Being Here With You」リリース


22日〜
加日伯合作「ブラインドネス」ロードショー
■ 丸の内プラゼール、東京ほか全国各都市


25日
カナダの子供向け図書を読む会
“カナダの飛行機”
カナダ大使館E・H・ノーマン図書館、東京


26日〜12月5日
イルスカーレットが
ゼブラヘッド・ジャパン・ツアー に出演
■ 26日:ZEPP SENDAI
■ 27日/28日:東京 新木場スタジオコースト
■ 30日:横浜Bay Hall
■ 12月1日:名古屋ダイアモンドホール
■ 12月2日:福岡DRUM LOGOS
■ 12月4日:広島クラブクアトロ
■ 12月5日:大阪 IMPホール


イベント/Event/Les événements

「住まいと暮らしに斬新なデザインを」展

■ 10月30日(木)〜 12月30日(火)
  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京

カナダのデザイナーはグローバルな市場でますます高い評価を受けています。創造的で斬新でありながら、実用性や機能性に優れたデザインを生み出しているからです。カナダ大使館は、カナダのユニークな生活用品を紹介する「住まいと暮らしに斬新なデザインを」展を開催致します。

本展には、バンクーバーの有名なデザイナー、ジャドソン・ボーモントの独創的な作品やブレント・コマーが手掛ける彫刻のような家具の他、すまい関連、アウトドア、またスポーツやレジャー用の魅力あふれた製品が多数出品されます。

本展は、10月30日から11月3日まで開催予定の「東京デザイナーズウィーク」で行われる現代インテリアデザインの国際見本市 100% Design Tokyo にBCウッドが出展する「Kanadaからダ!」パビリオンに関連したイベントです。




カナダ人2名が第24回京都賞受賞

トロントのマウントサイナイ病院サミュエル・ルネンフェルド研究所の世界的に有名な細胞生物学者アンソニー・ポーソン博士と、モントリオールのマギル大学名誉教授チャールズ・テイラー博士が、栄誉ある京都賞の受賞者に選ばれました。授賞式は11月10日に国立京都国際会館で行われます。カナダ人が京都賞を受賞するのは今回初めてです。ポーソン博士は基礎科学部門/生命科学(分子生物学・細胞生物学・神経生物学)で、テイラー博士は思想・芸術部門/思想・倫理で、それぞれ達成した重要な貢献が認められました。

なお、受賞者による記念講演会が11月11日に予定されています。詳細はこちらをご覧ください。




■ 配信申し込み・配信停止・登録内容変更は、こちら にてお願い致します。
■ 本ニュースレターに掲載された記事、画像、ロゴ、及びその他のコンテンツを許可なく複製、転載する事を禁じます。
■ プライバシー・ポリシーについて
■ Hotmail、MSN.comのアドレスでカナダ大使館広報部E-ニュースレターに登録なさっている方へ:
登録後、まだカナダ大使館のE-ニュースレターを受信したことのない方は、Hotmail、MNS.comの迷惑メールフィルターによって、受信が拒否されていると思われます。オプション設定画面のメーリングリストまたは、セーフリストにcanadaintl@mbs.sphere.ne.jpのアドレスを追加していただきますようお願い申し上げます。
発行:
カナダ大使館広報部
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail:canadaintl@mbs.sphere.ne.jp
Published by/Publie par:
Public Affairs Section, Embassy of Canada
Section des affaires publiques, Ambassade du Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail/Courriel :canadaintl@mbs.sphere.ne.jp

line
FIP