Culture Canada2009.2
line
PA

読者の皆様へ FrancaisEnglish
イベントカレンダー カナダと日本
今月お届けするのは
  • シルク・ドゥ・ソレイユ東京公演「ダイハツ コルテオ」
  • カンパニー マリー・シュイナール来日公演
    「オルフェウス&エウリディケ」
  • マーガレット・アトウッド著「またの名をグレイス 上下巻」
  • 「現代作家ガイド5:マーガレット・アトウッド」
  • 「多文化主義社会の福祉国家:カナダの実験」
  • Fred Everything DJ Set

Theatre/Le théâtre

シルク・ドゥ・ソレイユ東京公演 「ダイハツ コルテオ」

■ 2月4日(水)〜 5月5日(火・祝)
  原宿・新ビッグトップ、東京

カナダ、モントリオールを拠点とする世界最高のエンターテイメント集団シルク・ドゥ・ソレイユによる最大のツアーショー「ダイハツ コルテオ」がいよいよ2月4日、東京を皮切りに開幕します。

イタリア語で「行列」を意味するこのショーは、ひとりのクラウンが夢見る祝祭のパレード。楽しく陽気でありながらも、どこか儚く哀愁漂う世界が繰り広げられます。卓越した演出、バロック調、教会文化、ピカソ等の名画からインスピレーションを受けた荘厳なセット、計算しつくされたアーティストの動きは、観客を心地よい夢の空間へと誘います。

北米以外での初めての公演となるこの「コルテオ」日本公演を是非お楽しみ下さい。




カンパニー マリー・シュイナール来日公演
「オルフェウス&エウリディケ」


■ 2月6日(金)〜 8日(日)
  シアター1010、東京

カナダが世界に誇るカンパニー マリー・シュイナール。モントリオールを拠点に独創的で野心的な作品で世界中のダンスファンを魅了しています。3年ぶりとなる来日公演では、言語の誕生とその言葉を問う「オルフェウス&エウリディケ」が上演されます。この作品は2008年2月にローマで初演されました。

2月/February/Février
〜28日
『赤毛のアン』出版100周年記念展「モンゴメリの冬物語:アンとエミリーの世界」
ふくやま文学館、福山


〜28日
MONKEY MAJIK ツアー '09 「Fantasia」
■ 東京、大阪など全国主要都市


〜4月14日
「カナダのオリンピック記念コイン」展
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京


〜6月
出版100周年記念「赤毛のアン展:
モンゴメリが愛したプリンス・エドワ−ド島」

■ 3月6日〜11日:藤崎、仙台
■ 3月18日〜29日:鶴屋、熊本
■ 順次他都市巡回開催


4日〜5月5日
シルク・ドゥ・ソレイユ東京公演
「ダイハツ コルテオ」
■ 原宿・新ビッグトップ、東京


6日〜8日
カンパニー マリー・シュイナール来日公演
「オルフェウス&エウリディケ」
■ シアター1010、東京


20日〜3月1日
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーが「恵比寿映像祭」に参加
■ 東京都写真美術館


21日
Fred Everything DJ Set
La Fabrique、東京


24日
カナダの子供向け図書を読む会
「The Snow Cat」:本から映画になったお話 2
カナダ大使館E・H・ノーマン図書館、東京


26日
カナダワーキングホリデーセミナー
カナダ大使館、東京


イベント/Event/Les événements

「カナダのオリンピック記念コイン」展

■ 〜 4月14日(火)
  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、東京

バンクーバー2010オリンピック・パラリンピック冬季競技大会の開幕を1年後にひかえ、カナダ大使館はカナダのオリンピック記念コインを展示する展覧会を開催致します。モントリオール、カルガリーオリンピック記念コインとともにバンクーバー2010オリンピック冬季競技大会記念コインも展示されます。また、本展覧会では昨年100周年を迎えたカナダ王室造幣局の紹介も致します。カナダのデザイン性にすぐれたコインをどうぞお楽しみ下さい。


文学/Literature/La littérature

【新刊紹介】

マーガレット・アトウッド著「またの名をグレイス 上下巻」


■ 佐藤アヤ子訳 岩波書店(各巻¥2800+税)

題材は19世紀半ばに実際にカナダで起こった殺人事件。犯人とされた2人の使用人の内、16歳の美しい女中グレイスの供述は一定せず、絞首刑を逃れて30年間服役します。若い精神科医サイモンがグレイスの治療に当たり、その過程を研究対象にしていきます。アトウッドは事件の背後関係、社会背景、当事者や関係者の詳細を調べ上げ、グレイスを中心に人間の複雑な内面を深く堀り下げます。緻密に織り上げられた歴史小説風、ミステリー仕立ての力作です。




「現代作家ガイド5:マーガレット・アトウッド」

■ 伊藤節編著 彩流社(¥3000+税)

カナダを代表する作家アトウッドの全容を、編著者および岡村直美、窪田憲子、鷲見八重子、宮澤邦子の研究者たちがまとめた一冊。アトウッドの世界、インタビュー、作家経歴、作品を読み解くためのキーコンセプト、ほぼ全作品の紹介と分析の5章にビブリオグラフィを加えた構成で、作家と作品を統括的に浮かび上がらせます。表紙、口絵や本文中に絵が好きなアトウッドによるイラストを配し、ウイットに富んだ作家の一面を髣髴とさせつつ読者に寄り添う、研究者にも一般読者にも好適な案内書です。




「多文化主義社会の福祉国家:カナダの実験」

■ 新川敏光編著 ミネルヴァ書房(¥4800+税)

2007/2008年のカナダ出版賞受賞作。編著者を始め、多文化主義を掲げるカナダの実態をよく知る日加の研究者14名が、それぞれ専門の立場から民族的、歴史的、文化的に複雑な構成を持つカナダ社会のアイデンティティと統合について論じます。多様性をそのままに受け入れて共存する「実験」社会の原理と政策を学際的に浮かび上がらせます。


音楽/Music/La Musique

Fred Everything DJ Set

■ 2月21日(土)
  La Fabrique、東京

カナダ人と日本人によるハウスミュージック・プロモーターズ「SOLID TOKYO」が、カナディアン・ディープハウスの人気プロデューサーFred Everythingのニューアルバム「Lost Together」(OM Records)の日本発売を祝して記念イベントを開催します。これまでにも三度の来日を果たし、フロアを歓喜の渦に巻き込んだ最高なDJ、Fred Everythingのプレイを是非お楽しみ下さい。




■ 配信申し込み・配信停止・登録内容変更は、こちら にてお願い致します。
■ 本ニュースレターに掲載された記事、画像、ロゴ、及びその他のコンテンツを許可なく複製、転載する事を禁じます。
■ プライバシー・ポリシーについて
■ Hotmail、MSN.comのアドレスでカナダ大使館広報部E-ニュースレターに登録なさっている方へ:
登録後、まだカナダ大使館のE-ニュースレターを受信したことのない方は、Hotmail、MNS.comの迷惑メールフィルターによって、受信が拒否されていると思われます。オプション設定画面のメーリングリストまたは、セーフリストにcanadaintl@mbs.sphere.ne.jpのアドレスを追加していただきますようお願い申し上げます。
発行:
カナダ大使館広報部
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail:canadaintl@mbs.sphere.ne.jp
Published by/Publie par:
Public Affairs Section, Embassy of Canada
Section des affaires publiques, Ambassade du Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503
Tel:03-5412-6200/Fax:03-5412-6249
URL:http://www.canadanet.or.jp
E-mail/Courriel :canadaintl@mbs.sphere.ne.jp

line
FIP