[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■イベント

展覧会のお知らせ  2001年6月26日


リンダ・コヴィットの彫刻+朝岡あかね写真展
2001年7月4日〜8月24日 / 於:カナダ大使館ギャラリー


カナダ大使館は、「見えてくる、カナダ2001」フェスティバルの一環として、7月4日から8月24日まで大使館ギャラリーで、カナダ人アーティストのリンダ・コヴィットの彫刻と日本人アーティスト、朝岡あかねの写真による合同展覧会を開催します。

この展覧会はコヴィットによるの3つの作品と朝岡の「コンスタレーション・プロジェクト」からなる、日加の個性的な女性アーティストによる4つのインスタレーションにより構成される作品展です。

リンダ・コヴィットは、70年代中頃よりモントリオールのアートシーンで活躍し、多くの個展やグループ展に参加しています。大きなスケールのアウトドア・インスタレーションで知られ、北米の多くの都市に委託され公共アート作品を多数制作しています。リンダ・コヴィットのインスタレーションの中心となるものは "La Cloche Aphone" (鳴らない鐘)という作品です。これは、アーチ形のフレームにつり下げられた2.2メートルの高さの木製構造物で、日本の美術品からインスピレーションを受けて制作したものです。

朝岡あかねは、東京生まれのマルチメディア・アーティストで、現在東京とバルセロナを行き来しています。1991年ロンドンのゴールドスミス・カレッジを卒業後、1993年フランスのグルノーブル美術学校で勉強し、国際的なアーティストとして活躍しています。朝岡あかねのコンステレーション・プロジェクトはモントリオールを含む、数々の都会の夜景の写真でコンステレーション(星座)を描くもので、都会の灯光が夜空の星の輝きとなりそれぞれ結びつきあい一つの世界を作り出しています。

まったく違った文化的背景と、表現方法を持つふたりのインスタレーションはまさに多文化主義国家カナダの大使館で開催されるのにふさわしい展覧会といえましょう。


日時: 2001年7月4日 〜 8月24日
(休館日:土、日、7月6日、8月13日)
開館時間: 午前9時〜午後5時半
場所: カナダ大使館地下2階ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38)
* 地下鉄青山一丁目駅より徒歩5分
入場: 無料
お問い合わせ先: カナダ大使館広報・文化部
(TEL:03-5412-6200)
メディア関係の
お問い合わせ先:
カナダ大使館 報道担当
清水いりや(内線 3216)




▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]