[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■イベント

English(23KB)/Français(43KB)*
*PDF書類-Adobe Acrobat Readerが必要です。


展覧会のご案内 2007年6月28日

写真展「イヌイットの今 〜 変わりゆくカナダの極北」

2007年8月1日(水)〜 9月20日(木)
於 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

カナダ大使館は、カナダのイヌイットの今を日本の皆様に伝える写真展、「イヌイットの今 〜 変わりゆくカナダの極北」を開催いたします。本展では、カナダで最も新しい準州ヌナブトに居住する先住民族イヌイットについて調査研究を行っているあん・まくどなるど県立宮城大学准教授、清水弘文堂書房の礒貝浩氏、総合研究大学院大学院生の礒貝日月氏、そして日本写真家協会会員で写真家の関口照生氏が撮影した90年代から今日までの写真約100点を展示します。

イヌイットは、ファースト・ネーションズ(先住民族インディアン)、メティスとともにカナダの憲法で認定されている三つの先住民族の一つです。 2001年のカナダの国勢調査によると、現在カナダにおけるイヌイットの人口は約4万5千人で現在そのほとんどは極北地方に点在するコミュニティに住んでいます。1999年4月に創設されたヌナブト準州には約2万2千人が居住しています。

近代技術によって輸送・通信が便利になり、かつての犬ぞりはスノーモービルや全地走行車、乗用車、トラックに替わり、そしてあの懐かしいドーム型の雪の家「イグルー」は、セントラル・ヒーティング、電気、電化製品、給水施設などが整った建物となりました。しかし近代生活は同時に、さまざまな新しい課題をもたらし、世界各地の先住民族の例にもれず、カナダのイヌイットも自分たちの社会的・文化的伝統を維持し、保護しながら、先進工業社会の生活に適応しなければならないという課題を抱えています。

この写真展は、彼らがどのような環境でどのように生きているのか、その一端を紹介するもので、彼らの「今」に触れることができる貴重な機会です。


日時: 2007年8月1日(水)〜 9月20日(木)
  • 平日は午前9時から午後5時半、
    但し8月1日、15日を除く水曜日は午後8時まで
  • 土・日、8月13日(月)、9月3日(月)は休館
場所: カナダ大使館B2「高円宮記念ギャラリー」
(東京都港区赤坂7-3-38
地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料
お問い合わせ先: カナダ大使館広報部
Tel:03-5412-6305
メディア関係の
お問い合わせ先:
飯窪里由子
Tel:03-5412-6347


2009-12-09 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]