[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■イベント

English(23KB)/Français(54KB)*
*PDF書類-Adobe Acrobat Readerが必要です。


展覧会のご案内 2005年10月6日

展覧会
「ニューファンドランドのミックマック族へのオマージュ」


2005年11月10日(木) 〜 12月29日(木)
於 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

カナダ大使館は、ニューファンドランドのミックマック族のポートレート写真と今を生きる彼らの口述史料パネルを展示した展覧会をカナダ大使館高円宮記念ギャラリーにて開催致します。

この展覧会は、3人の著名なニューファンドランド・インディアン連盟のメンバーであるメアリー・ウェッブ(1881〜1978:メディスンウーマン)、マッティー・ミッチエル(1846〜1921:ニューファンドランドで大量の鋼体発見)、ラリー・ジェドア(1922〜1998:グレンウッド・インディアン評議会首長)に捧げられています。

注目すべき展示品は、ニューファンドランドのミックマック族を撮影した最も古い写真として知られるカナダ図書館アーカイブ所蔵のポートレート(アルブミン・プリント)を複製した6点です。この写真は1859年にニューファンドランド西海岸でフランス人海軍士官、ポール・エミール・ミオによって撮影されました。光を繊細にとらえた彼の写真は初期のポートレート写真の最高峰に位置づけられています。

この他、ニューファンドランド・インディアン連盟から委託を受け、オノンダガ族の写真家ジェフ・トーマスが撮影した現代のミックマック族のポートレートとニューファンドランドのミックマックのアーティスト、ジェリー・エバンスが制作したリトグラフも展示されます。

ニューファンドランド・インディアン連盟会長ブレンダン・シェパードはこの展覧会の重要性について次のように語っています。

「我々の歴史を大きな博物館や記録保管所に
しまっていても誰も興味を持ちません。
我々の歴史は自分達の生活、そして成長にとって、
現在も生き続ける根本的な要素なのです。」

本展覧会はニューファンドランド・インディアン連盟とカナダ公園庁の協力のもと制作され、エドワード・トンプキンズがキュレートしました。また、カナダ民族遺産省と大西洋地域開発庁から助成を受けています。


日時: 2005年11月10日(木) 〜 12月29日(木)
  • (月)〜(金)午前9時から午後5時半
    (水)午前9時から午後8時
  • 12月21日(水)及び28日(水)は午後5時30分に閉館させていただきます。
  • (土曜、日曜、11月11日、12月26日は休館)
場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38、
地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料
お問い合わせ先: カナダ大使館広報部
Tel:03-5412-6305
メディアの
お問い合わせ先:
カナダ大使館広報部
飯窪里由子
Tel:03-5412-6200 内線3347

2009-12-09 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]