[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■メディア

ニュースリリース 2006年1月24日

アルバータ州でBSE発生

オタワ発、2006年1月23日

本日、カナダ食品検査庁(CFIA)はアルバータ州で出生・飼養された約6歳齢の交雑種の牛が牛海綿状脳症(BSE)であると確定診断しました。当該患畜のいかなる部位も食品または家畜飼料の生産流通経路に混入していません。

この発見は予想外のものではなく、BSE感染の高リスク牛を対象としたカナダの全国的なサーベイランスプログラムの中で確認されたものです。同プログラムにより、2003年にカナダで最初のBSE症例が発見されて以来、87,000頭以上の牛が検査されてきました。

今回の感染牛が発見された場所と年齢は、同検査プログラムにより発見された3つの国内症例と同じであり、現在のカナダにおけるBSEに対する認識とも合致しています。これらの症例のクラスターについては、CFIAのウェブサイトに載っている * Canada's Assessment of the North American BSE Cases Diagnosed from 2003 to 2005(Part II)という疫学レポートで調査されています。

カナダでは食用にと畜されるすべての牛から特定危険部位(SRM)を除去することにより、これまで通り食品の安全性が維持されています。SRMは感染牛の持つBSE因子が存在する組織です。この措置はBSEから公衆衛生を守るための最も効果的な措置であると国際的に認められています。

CFIAは生産者及びアルバータ州と協力し、農場へ納品された飼料の生産及び出所、並びに農場における給餌体制と保管慣行に対する包括的な調査を開始しました。また、国際的な基準に従い、過去2年間に生まれた感染牛の産子、並びに感染牛が生まれた前後12ヶ月以内に同農場で生まれた牛を特定します。これらのグループに入る生存している牛は全て隔離し、検査します。

感染原因に関する確定的な結論は調査が完了するまで出すことはできませんが、おそらく原因は汚染飼料にあると考えられます。このような事態はカナダや他国がこれまでに経験したものと一致しています。カナダ産牛に最初のBSEの事例が見つかったのは2003年5月であり、今回の事例はそれ以前に感染したものと考えられ、今回の事例により、カナダが現行の飼料規制をさらに強化する方向に進むべきである事を示しています。2004年12月に強化された改正案が発表され、カナダ官報を通して、パブリックコメントが募集されました。これにより州レベルや産業界との緊密な協議が行われました。現在、CFIAは結果をまとめ、次の段階に関する答申を政府に提出する用意をしています。

カナダにはBSEに関連して起こる公衆・家畜衛生に対するリスクを抑えるための体系的に機能する安全措置があります。これらの措置は、輸入規制、国内における牛の検査、食用にと畜されるすべての牛から危険性のある組織を除去するといったものです。家畜衛生の観点から最も重要なのは、BSE感染を抑制し、やがてBSEを撲滅するために実施されているカナダの飼料規制です。前回カナダが行った調査と今までのサーベイランスの結果の分析により、カナダの飼料規制が断固とした順守・施行戦略により家畜衛生を脅かすBSE感染リスクを効果的に減少させるという目的を達成していることが示されています。飼料規制実施後に生まれた患畜のBSE症例はカナダだけでなく他国でも発見されています。

今回の発見は、カナダではBSE感染がごく少数であることを示すものであり、BSE感染リスクの増大を示すものではありません。国際獣疫事務所(OIE)のガイドライン及び認定勧告に基づけば、今回の発見により、カナダの生体牛、牛肉及び牛肉製品の輸出に影響はないと考えられます。カナダはすでに米国などの主要な貿易パートナー国に通報しております。2003年5月以来、カナダはさらに少数のBSE感染例が発見される可能性があると明確に述べてきました。カナダの担当官は他国の担当官と密接に協力し、この症例の事実関係と科学的な根拠が包み隠さず速やかに共有されるように、今後も国際的な対話を継続します。

* Canada’s Assessment of the North American BSE Cases Diagnosed from 2003 to 2005(Part II)



▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]