[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■メディア

ニュースリリース 2006年7月7日

マニトバ州にてBSE感染牛が確定

オタワ発、2006年7月4日

最終検査により、マニトバ州の老齢の交雑種肉牛1頭の牛海綿状脳症(BSE)感染が確定診断されました。

カナダ食品検査庁(CFIA)は包括的な調査を行っています。当該患畜は所有者が1992年に牛の群れの1頭として購入したことを担当官が確認しました。これにより当該患畜は少なくとも15歳齢以上であり、1997年に導入されたカナダの飼料規制よりずっと前に生まれたことになります。調査官は優先事項として出生農場の特定を試みています。特定することにより当該患畜と同じ群の牛、及び若齢期に与えられた可能性のある飼料を特定するのに必要な情報が判明します。当該患畜の年齢を考慮すると、同年齢の生存牛が皆無に近く、詳細記録などの情報源が限られているため、調査活動は困難になる可能性もあります。2004年に生まれた当該患畜の産子についても追跡調査中です。

食用にと畜されるすべての牛から特定危険部位(SRM)を除去することにより、これまで通りカナダの食品の安全性は維持されています。SRMは感染牛の体内で蓄積したBSE因子を含む組織です。この措置はBSEから食の安全を守るために最も効果的であることが国際的に認められています。2006年6月26日、CFIAはカナダの動物用飼料システムをさらに強固にする飼料規制の強化を発表しました。

今回の症例の発見は、BSE感染リスクの高い牛を対象とするカナダのサーベイランス・プログラムの継続した有効性を実証しています。2003年にカナダで最初のBSE症例が発見されて以来、115,000頭以上の牛が検査されてきました。その結果に基づき、CFIAはカナダ国内のすべての牛のBSE感染レベルは非常に低いと確信しています。

* 日本語ニュースリリースは参考のための仮翻訳で、正文は英文および仏文です。

CFIA サイト   【EnglishFrançais



▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]