[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■メディア

ニュースリリース 2006年8月29日

アルバータ州にてBSE感染牛が確定

オタワ発、2006年8月23日

本日、カナダ食品検査庁(CFIA)はアルバータ州において老齢の肉牛1頭が牛海綿状脳症(BSE)に感染していると確定しました。当該患畜のいかなる部位も食品又は動物飼料の流通経路に混入していません。

所有者が提供した予備的な情報及び民間の獣医による検査から、当該患畜は8歳から10歳齢の間であると推定されています。この範囲から考えると、BSEへの感染は飼料規制の導入前あるいは導入初期段階に起きたと考えられます。当該患畜の推定月齢はこれまでのカナダのBSE症例と共通するものであり、非常に低い感染レベルを示しています。

CFIAは当該患畜の出生農場を特定するために調査を行っています。出生農場が特定されれば、その情報は当該患畜の月齢だけでなく、同居牛及び汚染飼料の考えられうる由来を確定するのに役立ちます。これまで行われてきたように、CFIAは徹底的な疫学的調査を行い、結果を公表します。

カナダの全国的なサーベイランス・プログラムは、ごく稀にでるわずかのBSE症例を効果的に発見する能力を実証しており、カナダはBSE撲滅へ向けて前進しています。カナダで確定されたすべてのBSEは同プログラムにより発見されており、2003年以来、117,500 頭以上の高リスク牛が検査されました。

* 日本語ニュースリリースは参考のための仮翻訳で、正文は英文および仏文です。

CFIA サイト   【EnglishFrançais



▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]