[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■メディア

ニュースリリース 2006年10月16日

ハーパー首相、「アジア太平洋ゲートウェイ・輸送ルート整備計画」に着手

バンクーバー発、2006年10月11日

本日、スティーブン・ハーパー首相は、長期的な経済競争力育成と繁栄のため、カナダ新政府が多額の資金を拠出する、「アジア太平洋ゲートウェイ・輸送ルート整備計画」について発表しました。

首相は次のように述べています。「我が国はアジア太平洋地域の目覚しい成長を最大限に活用できるユニークな立地条件に恵まれています。カナダは米国の巨大な経済とアジアの急成長する経済間の交差路となる必要があります。」

首相は、10を越える太平洋ゲートウェイ・プロジェクトのために総額5億9,100万カナダドルの連邦予算が充当されたと発表しました。その目標は西海岸の海運市場におけるカナダのシェア拡大を図ることで、カナダ西部の様々なインフラ、輸送技術、国境警備関連プロジェクトに総額3億2,100万カナダドルが直ちに拠出されます。そして、これらのプロジェクトは4年以内に完了する予定です。

「これは非常に大規模な事業です。官民両部門のあらゆるレベルが協同で取組んでいます」と首相は述べ、民間企業が2004年から2010年にわたる「アジア太平洋ゲートウェイ・輸送ルート整備計画」関連プロジェクトに30億カナダドルを超える投資を約束していると付け加えました。

また、ハーパー首相は、こうした取組みの成果として、ブリティッシュ・コロンビア州の主要商業港におけるコンテナ輸送力は、2020年までに年間700万個へ増加し、西海岸のコンテナ輸送市場におけるカナダのシェアは9%から14%へ増大する見込みであると指摘しました。

「国際輸送と貿易の連携強化により、ブリティッシュ・コロンビア州民をはじめ、すべてのカナダ人のために一層多くのビジネス機会と雇用が生まれるでしょう。」と首相は述べています。「また、カナダは世界において、高い競争力を誇る国として、またビジネスリーダーとしての役割を一層満たすことができるようになるでしょう。」

* 日本語ニュースリリースは参考のための仮翻訳で、正文は英文および仏文です。



▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]