[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
広報・文化
■イベント

English(23KB)/Français(23KB)*
*PDF書類-Adobe Acrobat Readerが必要です。


展覧会のご案内 2006年4月26日

「ロルフ・スカーレット:画家・デザイナー・ジュエリー作家」

2006年5月26日(金)〜 7月25日(火)
於 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

カナダ大使館は、油絵、グアッシュ画、舞台及び工業デザイン、写真、ジュエリーなどの作品70点を展示する「ロルフ・スカーレット:画家・デザイナー・ジュエリー作家」展を開催致します。

ロルフ・スカーレット(1889〜1984)は、カナダのゲルフで生まれ、画家、デザイナー、ユニークなアートジュエリー作家としてニューヨークで75年間活躍しました。本展は、彼のモダニズムを表すデッサン、舞台デザイン、ジュエリー、抽象画を総合的に紹介する初めての巡回展です。

スカーレットは1930年代及び40年代にアーティストとして絶頂期を迎えて有名になり、絵画作品60点がソロモン・R・グッゲンハイム美術館に購入されました。彫刻的ジュエリーに対する関心を徐々に深めるようになり1960年代に第一線を退いた後、95歳で他界する数年前まで、ジュエリー制作に精力的に打ち込みました。

本展は、ゲルフ大学マクドナルド・スチュワート・アートセンター館長のジュディス・ナズビーによってキュレーションされました。ナズビーはこう述べています。「この展覧会は、1930年代から40年代の絵画やグアッシュ画、1920年代及び30年代にパサデナやニューヨークで取組んだ舞台デザイン、英国の国防省庁舎のために制作した誘導ミサイルのデザインなど、1930年代の様々な種類の緻密な工業デザインを通して、スカーレットの生涯にわたる創作活動の足跡をたどるものです。」尚、ナズビーにはスカーレットに関する180ページの著書があります。


日時: 2006年5月26日(金)〜 7月25日(火)
  • 月〜金:午前9時から午後5時半
    (但し、水は午後8時まで)
  • (土、日、7月3日は休館)
場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
(東京都港区赤坂7-3-38、
地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
入場: 無料
お問い合わせ先: カナダ大使館広報部
Tel:03-5412-6305
メディア関係の
お問い合わせ先:
飯窪里由子
Tel:03-5412-6347



▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]