[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
カナダ留学
■中学・高校留学

カナダの教育制度

カナダには、日本の文部科学省のような、国家レベルで教育を管理・運営する機関はありません。中央政府は指針を示す程度で、教育の管理・運営は完全な地方自治制。教育権は、各州の教育省がもっています。

カナダでは、学年(グレード=Grade)は小、中、高校をグレード1〜グレード12というように、一貫して数えます。区切りは州によって異なり、例えば、小・中・高でブリティッシュ・コロンビア(B.C.)州は7-5制、アルバータ州は6-3-3制、ケベック州は6-5制になっています。

義務教育は、州によって少し異なりますが、6〜7歳から16歳までです。そのほか、初等・中等教育の年数が違ったりしますが、公立の場合、基本的な学制は日本の小学校から大学までと、ほとんど変わりません。ちなみに、日本の高校1年生がカナダのグレード10に相当します。)

義務教育期間の授業料は、政府が負担します。ただし、これは税金を支払っているカナダ国民が対象で、留学生は年齢に関係なく、規定の学費を支払わなければなりません。

高校課程を修了するには、規定の単位を取得しなければなりませんが、これも州によって異なります。例えば、B.C.州では、卒業するためにグレード11と12で、52単位を取得し、州の統一試験に合格する必要があります。オンタリオ州の高校課程(グレード9〜12)の場合は、4年の間に18の必修単位と12の選択単位を取得しなければなりません。さらに、地域の交流活動に40時間参加し、州の英語テストに合格しないと卒業できません。

また、ケベック州では、初等・中等教育のあと、大学進学希望者はCÉGEP(collège d'enseignement général et professionel)とよばれる短大で、2年間勉強しなければなりません。他の州の高校でも「職業コース」と「大学進学コース」があり、進学希望者は希望専攻分野の勉強をすることになります。

このように、カナダの教育制度は、州によって大きく異なります。したがって、留学する州が決まったら、その州や学校の制度を、事前にしっかり調べることです。


日本と大きく異なる学校のシステム

教育制度と同様に、日本とカナダでは、学校の制度にも違いがあります。特に違いが目立つのが、Secondary School=高校の制度です。


2009-12-10 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]