[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
カナダ留学
■ESL から始める人が多い

日本の高校や大学から、いきなりカナダの大学に入学するのは、高い英語力がない限り、かなり難しいといえます。カナダの大学へ留学を考える人は、まず大学付属の ESL コースに入り、ある程度英語の成績を上げてからトライしたほうが、賢明といえるかもしれません。

大学付属の ESL は、大学の図書館やコンピューターラボ、スポーツジム、カフェテリアなどの設備も使えるし、大学の情報も頻繁に入ってきます。さらに、大学の入学審査の際、カナダの ESL で勉強していたという実績が評価されることもあります。

また、B.C.州やアルバータ州のコミュニティ・カレッジのなかには、ESLでしっかり英語力をつけてから大学編入コースの単位を修得すれば、大学学部の2年〜3年次に編入できるところもあります。いずれにしても、カナダの大学留学は、学力も英語力も、かなり高度な実力が必要とされます。準備は、留学予定より少なくとも1年前には開始するようにしましょう。



TOEFL

留学希望者の英語力を判定するために使われる「英語能力判定テスト」TOEFL (Test of English as a Foreign Language)は、聴解力、文法・文章表現、読解の3部門で構成されています。最高点は677点で、カナダのコミュニティ・カレッジは550点以上、私立の専門学校の場合は最低でも500点のスコアを確保しておいたほうがよいでしょう。

TOEFL は毎月行われ、数回受験した場合は、2年以内であれば、学校にいちばん高いスコアを提出することができます。また、事業部に頼めば、申請校にスコアを直接送付してくれます。

TOEFL は、2000年10月からすべてコンピューター・テストに移行し、テストの内容も採点方法も変わります。新テストの内容は、Listening、Structure/Writing、Readingの3部門。スコアの最高点は300点で、受験料は$110(US$1=約120円−2003年6月現在)。受験を考えている人は、事前にインターネット(http://www.cieej.or.jp)でチェックしてください。


2009-12-10 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]