[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
カナダ留学
■資料請求

資料を調べて、留学したい学校(複数選択)が決まったら、志望校に資料の請求をします。今では、ホームページで資料請求の申し込みができる学校が増えています。資料請求するときは、必ずその学校のCalendarも入手しましょう。

Calendar には、最新の1年間の予定をはじめ、学校の規則や申請の手順、プログラム(コース)の種類や内容の説明など、大学の情報がすべて入っているので、とても便利です。料金は学校によって異なりますが、C$5〜C$35くらい必要になります。http://www.canlearn.ca にアクセスすると、Calendarが掲載されています。

Eメールやファックス、ホームページで資料請求するときは、下記の必要項目を記入してください。また、手紙で資料請求をする場合は、資料返信先の自分の名前と住所を記入した「返信用ラベル」を同封すること。

  1. 自分の名前、性別、年齢、現住所(資料の返信先)、語学能力
  2. 入学を希望する専攻やコース
    (大学編入コース、職業訓練コースの場合は科目など)
  3. その他、日本人留学生の数など、個人的に確認したい点
  4. なお、エアメールで資料請求をする場合には、資料返信先の自分の名前と住所を記入した「返信用ラベル」を同封すること

学校から送られてきた資料をチェック

資料請求をすると、早ければ2週間程度で返事がきます。第1、あるいは第2志望の学校なのに、資料請求から1か月たっても返事がない場合は、Eメールかファックスで問い合わせてみましょう。

学校から送られてくるカタログや学校の説明書には、構成順は学校によってまちまちですが、だいたい次のような内容が載っています。

それぞれの学校の要点をメモやリストしたら、次の点に注意しながら出願する学校の絞り込みをします。


留学する学校を選ぶ

学校を選ぶときに最大のネックになるのは、自分の学力と学校側が求める英語力です。学力(成績)、英語力(TOEFL または IELTS)とも、学校の要求をクリアしていなければ、留学できません。ただし、学力が不足(総合評価が平均点以下)している人は、その時点での留学は断念するしかありません。また、英語力が不足している人は、志望校に ESLコースがある場合は、そこで英語特訓を受けるか、日本で TOEFL や IELTS のスコアをアップさせて留学するか、方策を考えましょう。

学力と英語力のほかに、次の点もチェックして、志望校を絞り込んでください。


2009-12-10 更新


▲先頭に戻る [ 戻る ]
[an error occurred while processing this directive]